スポンサーリンク

ゲルググ 【MS-14S(YMS-14)】

楽天市場

型式 MS-14S(YMS-14)
所属 ジオン公国
重量 53.5t
頭頂部 19.5m
出力 1,440kw
推力 79,900kg
装甲材質 超硬スチール合金
搭乗者 シャア・アズナブル  ジオン一般兵

スポンサーリンク

 ゲルググの開発コンセプト

地球連邦軍より技術では10年進んでいると言われていたジオン公国ですが、ガンダムジムに装備されているビーム兵器の分野で遅れを取ってしまいました。

特に万能性と無類の戦闘力によって戦果をあげ続けるガンダムの活躍をみたジオン公国は、モビルスーツのガンダム化を目指し、ガンダムと互角に戦えるスペックのモビルスーツ「ゲルググ」の開発を行いました。

 遅すぎた高性能機 ゲルググ

モビルスーツの開発に異常なまでの投資を行ってきたジオン公国軍。

開戦当初から活躍を続けてきたMS-06 ザクⅡはジオン公国軍の主力もビルスーツとして恥じない性能を有していましたが、ブリティッシュ作戦後のV作戦により地球連邦軍の体制の立て直しが進んだ事と、ジム等の高スペックモビルスーツとの戦闘機会が増えた事により、性能に限界が見え始めてきました。

そんな中、戦争が長期化してきた事もあり、ジオン公国軍は国力の少なさ(地球連邦の1/30程度)を補うために モビルスーツ建造に対するコスト削減を行う統合整備計画という、同じ材料、同じ機種で数多くの低コストバリエーションモビルスーツを生む計画を発動させます。

「数」を整える意味では統合整備計画は有効な計画ですが、戦力の「質」を高める為には性能の限界が見えてきたザクに変わる量産型高性能モビルスーツを開発しなければなりませんでした。
(関連記事:タイミング遅れの統合整備計画と、兵器開発にこだわるジオン軍について

ジオン公国軍は低コストで数を整えながら質も高めるという間逆なコンセプトの事柄を同時進行する難しい局面に立たされていたのです。

しかし、この時点ではジオン公国軍のモビルスーツに対する基礎技術は地球連邦に比べ優れていたこともあり、この計画の初期段階で主力量産機とする前提でゲルググは開発されていきました。

ゲルググはギャンとのトライアウトを勝ち抜き採用が決定されていた機体でしたが、この統合整備計画との兼ね合いとビームライフルに用いるエネルギーCAP開発の遅れ等で生産ベースに乗せるのに時間を要し、その間はリックドムが一時的に主力量産機として配備され、最終的には終戦間際のア・バオア・クゥーに、量産されたゲルググ 740機のほとんどが配備される事になりました。

 ガンダム化に成功したゲルググのビーム兵器

ゲルググより以前に開発されたジオン公国軍のモビルスーツは、ジェネレーター出力が低くかった事から実弾兵器による武装がほとんどで、メガ粒子砲を装備する事に成功したゴッグドムにおいても、性能的には地球連邦軍の量産機 ジムを撃破する事すら難しくなっている現実がありました。

その問題を解決すべく、簡単に言うと「お手本はガンダムでモビルスーツを造る」という事です。

ビーム兵器を装備できるジェネレーターの確保とそれを補うエネルギーCAPの開発を進め、ついにゲルググを完成させます。
(関連記事:ビームライフル

ここで、お手本としたガンダムの主なスペックと比較して見ます。

ジェネレーター出力 スラスター推力 重量
ゲルググ 1,440kw 79,900kg 53.5t
ガンダム 1,380kw 55,500kg 43.4t

(関連記事:モビルスーツのスラスター推力って何? 推力の比較

ビーム兵器を標準装備する事を目的として開発されたので、ジェネレーターは申し分ない出力を有しています。

スラスター推力についてはドムなどに見られるホバーリング機能を引継ぎ、重力下でも運用できる万能性を確保しています。
この点についてはガンダムを上回っていると言ってよいかと思います。

問題は重量です。
このジェネレーターとスラスターの性能が上回っているので重くなるのは当然では!?
と思うかもしれませんが、これは駆動機構の違いが大きく影響しています。

 真似できなかったフィールドモーターシステム

スポンサーリンク

テレビ版のガンダムでテキサスコロニーにおいてゲルググとガンダムが一騎打ちを行うシーンがあります。
この時、ゲルググとガンダムは互角の戦いを繰り広げ、結果は引き分けに終わっています。

しかし、この時はパイロットのアムロ・レイの反応能力にガンダムがについてこれなくなっていて、その後 機体にマグネットコーティングを施し、運動性能を約3割ほどUPすることに成功しました。

ガンダムフィールドモーターシステムという駆動システムを採用しているのでこのマグネットコーティングを施すことが可能なのですが、ゲルググは流体パルスシステムを採用していた為、マグネットコーティングを施すことが出来ません。

しかも構成する部品が多いので重量がかさんでしまうのです。
(関連記事:流体パルスシステムフィールドモーターシステム

ジオン公国軍はガンダム化を目指しゲルググを完成させ、一時的にはガンダムと渡り合う事ができましたが、より優れた駆動システムを採用していたガンダムはさらにゲルググを突き放す性能を有したのです。

しかし、ゲルググは地球連邦軍の量産機ジムには十分に対抗できる性能は確保できました。
ただ、問題なのは実戦投入のタイミングが終戦間際の11月下旬であった事とパイロットのほとんどが学徒生であった為、その性能が発揮できずに、数多くの機体が撃破されてしまったのです。

ゲルググとその派生機

ジムは一つの機体から多くのバリエーション機を生みだしました。

ザクドムを性能で上回るゲルググもその機体を基にバリエーション機を生み出しています。
これは、統合整備計画による同一材料で多くのバリエーションを生むという生産、整備効率化がコンセプトとなっています。

しかし、終戦を迎えそれらは表舞台で活躍する事はありませんでした。

その後のZガンダムのグリプス戦役で活躍した「ガルバルディ」もゲルググの技術が流用されています。

楽天市場
MS-14A 量産型ゲルググ
量産機であるが、ガンダムに引けを取らないスペックで作られたジオン公国軍の傑作モビルスーツ
楽天市場
MS-14F ゲルググ・マリーネ
海兵隊の特殊任務用として開発された機体
楽天市場
MS-14JG ゲルググJ
ゲルググマリーネの改良版で狙撃任務に適した機体 Jはイェーガーの略で「狩人、猟人」の意味
楽天市場
MS-14B/C ゲルググ・キャノン
ジョニーライデン少佐機 真紅の稲妻の異名を持つ。他のゲルググと違い、肩にキャノン砲を装備していた
楽天市場
MS-14Fs ゲルググ・マリーネシーマカスタム
ゲルググ・マリーネをシーマ中佐専用にカスタマイズした機体
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
楽天市場
MS-14A ゲルググ アナベル・ガトー仕様機
ソロモンの悪夢の異名を持つガトー大尉専用機

 まとめ・考察

ゲルググについて記述しました。

地球連邦に比べ、技術分野において10年先に進んでいると言われていたジオン公国軍。
しかし、それは地球連邦に追いつかれ、基礎技術も凌駕されてしまいました。

ジオン公国軍はゲルググの開発の他に、MS-11 アクトザク と言う機体を開発しています。

これはジオン公国軍にとって初めてフィールドモーターシステムを採用したモビルスーツで、流体パルスシステムの性能が限界に近づいている事に気づき始めてこの機体を開発しましたが、すぐに終戦を迎え、表舞台に出ることはありませんでした。

楽天市場
フィールドモーターシステムが採用された「アクトザク」

南極条約で使用禁止と規定されているNBC兵器の次に強力とされるビーム兵器を装備できなかったザクⅡドム等は、兵器として未完成な物だったのかもしれません・・・。

ジオン公国軍はブリティッシュ作戦や、ルウム戦役の時に、ゲルググのようなビーム兵器携帯モビルスーツを配備していれば、一年戦争を確実に勝利したと言われています。

スポンサーリンク
関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。