スポンサーリンク

マグネットコーティング

ムーバブルフレーム モノポール

マグネット・コーティングは、一年戦争時にほとんど普及していない技術です。
しかし、アムロ・レイが駆るRX-78-2ガンダムは、アムロ・レイの反応速度に対応出来なくなり、急ごしらえで機体のレスポンス向上が求められました。

その問題を解決すべく、このマグネット・コーティング技術が導入されます。

マグネット・コーティングとはどの様な技術で、機体にどの様な影響を与えたのでしょうか?

スポンサーリンク

 求められた機体レスポンス向上

地球連邦軍が一年戦争開戦当初、V作戦によって完成させた無類の汎用機 RX-78-2ガンダムは、破格の戦闘力を確保し、ジオン公国にとって脅威となり始めました。

それに対抗すべく、ジオン公国軍もゲルググなどの高性能機を開発しますが、アムロ・レイのニュータイプ覚醒によって ガンダムには更なる戦闘力と機体レスポンスの向上が求められました。

 モスク・ハン博士の机上の理論をそのまま採用

現代において金属同士の摩擦は、グリスや潤滑オイル等を用いて軽減する事が可能ですが、モビルスーツも同じく金属の塊であり、摩擦によって動くことに対しロスが発生します。

マグネット・コーティングとは、簡単に言うと、磁石の同極同士の反発を利用し、金属同士の摩擦を少なくするというものです。

現代にある磁石はS極とN極を持つものを指しますが、ガンダムの世界ではミノフスキー技術によって、単極しか持たないモノポールと言う単磁極の素粒子(素粒子=物質や場を形成する最小単位の粒子)を作り出し、それを関節などの金属の摩擦が起こる部分に塗布し、摩擦を軽減させます。

ムーバブルフレーム モノポール
ミノフスキー技術によって作りだされる「モノポール」
イメージとして、グリスの替わりになる物です。

これは、地球連邦軍所属のモスク・ハン博士が理論までは発表していた技術なのですが、実際のテストは行っていませんでした。

楽天市場

モスク・ハン博士

しかし、戦時中 時間の余裕も無く、RX-78-2ガンダムも位置付けはテスト機であったので、ぶっつけ本番でガンダムにマグネット・コーティングを施す事になりました。
ブライト・ノアは「関節に油を注すようなもの」と本編で述べていますが、非常に的を得た表現です。

リニアモーターカーも磁石の力を用いて走行しますが、考え方は一部 似ている所もあります。

このマグネット・コーティングによってRX-78-2ガンダムの機体レスポンスは約3割もUPし、当時のジオン公国軍モビルスーツの主力であったゲルググを寄せ付けない戦闘力を確保する事に成功しました。

 マグネット・コーティングのその後

スポンサーリンク

マグネット・コーティングは、ジオン公国軍が採用していた流体パルスシステムの機体には施すことが出来ない事はないですが、流体で駆動している分、劇的な効果はほとんど望めません。
また、建設重機を基本とした構造なので、レスポンス向上にはある程度の限界があったようです。
(関連記事:流体パルスシステムへ)

地球連邦軍が採用したフィールドモーターシステムの機体は、関節部位に駆動モーター等を集約している為、流体で動くパルスシステムよりも金属の摩擦部分も多く マグネット・コーティングと相性が良い構造となっています。

ジオン公国軍も戦争末期には流体パルスシステムのレスポンス向上の限界を感じ、フィールドモーターシステムの機体を開発しています。

楽天市場

ジオン公国軍が開発したアクトザク。
フィールドモーターシステムを採用しているので動力パイプなどが省略されています。

また、マグネットコーティングを施すことを前提に製造された機体は、レスポンスを40%向上させることが可能で 一年戦争末期にRX-78NT1や、ガンダム4号機 5号機などが製造されました。

楽天市場

RX-78NT1

楽天市場

RX-78-5

さらに、一年戦争後はモビルスーツもムーバブル・フレーム等の新しい技術と共に進化し、可変モビルスーツなどが誕生しますが、変形する時間を短縮する為に、マグネット・コーティングが標準的に施されるようになり、次第にマグネット・コーティングはモビルスーツ製造の標準となっていきます。

マグネット・コーティングは次第にその名称を耳にしなくなっていきますが、モビルスーツ製造の標準となった為 特別な技術ではなくなっていったからです。

 まとめ・考察

第二次世代モビルスーツ以降の機体構造・ムーバブルフレームに有効な本記事のマグネットコーティング。
RX-78-2ガンダムは第一次世代モビルスーツですが、フィールドモーターを用いた駆動システムを採用していた為、この効果の恩恵を受ける事ができました。

これを受けてジオンの主力駆動システムである流体パルスシステムは旧技術となり下がり、地球連邦軍はモビルスーツの駆動技術分野でジオンの先を行く事になります。

ジオン公国にとって一年戦争は、それまでになかった画期的な新兵器「モビルスーツ」を駆使した戦争でしたが、戦争末期になって分かってきた事は、

  • 建設重機を基本とした駆動システム
  • 既存武器をメインにした武装(ビーム兵器を保持していない事を指す)

要は、一年戦争時 全てのモビルスーツは試作品と言えるような段階であり、完成度が低かったと言う事です。

一年戦争は文字通り1年間という短い期間での戦争でしたが、これがもし長期化していたら展開が変わっていたかもしれません。
なぜなら、ジオン公国軍は「サイコミュ・システム」の分野でかなり先に進んでいたからです。

モビルスーツの駆動技術が仮に追いつけなかったとしても、コンペイトウ(旧ソロモン)で運用されたエルメスのように戦艦を何隻も気づかれない間に撃沈させている事実があります。
楽天市場

エルメスの周りを飛来しているのが無線で遠隔操作された移動砲台「ビット」です。
ソロモンでは気づいたらやられていたという比喩で、「ソロモンの亡霊」と呼ばれ恐れられました。
  • ジオンが称賛されるべきは、突飛した発想力を基に技術開発を進めた事
  • 連邦が称賛されるべきは、そのジオンの発想を自軍が保有する基礎技術を基に飛躍させ完成形に高めた事

これを象徴する技術の1つが、この「マグネットコーティング」であったかもしれませんね。

以上 余談でしたー。

スポンサーリンク
ムーバブルフレーム モノポール

一年戦争をマジで知るならORIGINよ。

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」は、一年戦争導入への人間関係や組織相関をビジュアルで示した、ガンダムの根底を知る上で、とても優れた「マンガ」です。

分かりやすイ。
モちろん面白いヨ!


関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。