モビルスーツの「ジェネレーター出力」って何の事?

モビルスーツは駆動モーター等を動かしたり、ビームライフルを打つのに大量の電気が必要です。

メガ粒子砲(ビームライフル)

2013.08.20

ジェネレーターとは直訳すると「発電機」と言う意味なのですが、モビルスーツに搭載されているミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉がそれに当たります。

例えば、下記のガンダムのスペック表に記載されている「出力」がジェネレータ出力の事で、この値はモビルスーツの性能を示すに当り、大きな意味を持ちます。

型式 RX-78-2
所属 地球連邦軍
重量 43.4t
頭頂部 18.0m
出力 1,380kw この数値
推力 55,500kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
搭乗者 アムロ・レイ

ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉(ジェネレーター)

2013.08.20

スポンサーリンク

ガンダムの電気代

ガンダムはジェネレーター出力1,380kwとなっていますが、これはジェネレーターが1秒間に発生する電力が1,380kwという意味で、逆に言うとガンダムの性能を維持するのに必要な電力量は1,380kwと言う意味にもなります。

この電力1,380kwを身近な物に置き換えて考えると、液晶テレビのアクオス45型は303wですので、

  • 1,380,000÷303=4,554

となり、ガンダム1機の消費電力量とアクオスを4,554台の消費電力量が同じという意味になります。

また、ガンダムを発電所代わりに利用すると、一般家庭460世帯程度分を賄える電力を確保できるそうです。

40tを超えるモビルスーツの巨体が、

  • 格闘もする。
  • 白兵戦もする。
  • ビーム兵器も使う。
  • 走ったり、
  • ジャンプしたり。

そんなモビルスーツが460世帯分の電力で動く・・・

多いとも言えない気がしますし、少ないとも言えない、何か微妙な数値ですね。

ハロAI強化ver.
ガンダム≒460世帯。

では、少し違った角度から比較してみます。

総務省が発表した2013年の4人世帯の年間平均電気代は¥141,828だそうです。

ガンダムに搭載されているジェネレーターを使わずにガンダムを動かそうと電気を買った場合、2013年におけるガンダムの年間電気代は単純計算で、

  • ¥141,828×460=65,240,880円

となります。

1ヵ月に換算すると5,436,740円

金額に置き換えると凄い額ですね。。

モビルアーマーの発電量と原子力発電所の比較

スポンサーリンク

このような比較もあります。

佐賀県にある玄海原子力発電所の一号機は55万9千kwの出力があります。

すると559,000÷1,380=405となり、ガンダムが405機いれば同じ出力を得る事が出来る計算になります。

ちなみに一年戦争時の最強の攻撃力を誇ると思われるビグ・ザムは140,000kwの出力があります。

ビグ・ザムだと4機いれば原子力発電所と同等の出力を得る計算になります。

ちなみにビグ・ザムのジェネレーター出力はガンダムの約101倍です。

先ほどの1ヶ月の電気代の計算を当てはめると

  • ¥5,436,740×101=549,110,740円

1ヵ月 5億5千万円! す・すごい!! 圧倒的じゃないか・・・。

ハロAI強化ver.
バ、売電すべシ!
ぴろすけ
すんません。
以上 余談でした~。
スポンサーリンク
関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。