機動戦士ガンダムの舞台「一年戦争」は、勃発するまでの 前置き があります。

塾長ぴろすけ
戦争を仕掛けたのはジオン軍だけど、その理由は連邦より正論なんだよな~。

…とか。

アムロやシャアが活躍する本編は、その前置きを割愛して話が始まっていて、一年戦争が終わっても戦乱が続いていく、ストーリーの大切な根幹が描かれていないのです。

アシスタント・ハロAI強化ver.
ジオンは45億人も死に追いやったんだよナ。
ソれをやってしまう程の動機ってなんダロ?

…とか。

物事の成り立ちには理由があります。

戦争に向かうに当たり、人や組織の利得や思惑、権利等 色々な要素が重なり合っているのです。

これを知る上で、非常に参考になったのが「機動戦士ガンダム the ORIGIN」で、ガンダム入門塾がおススメする教科書みたいなものです。

なぜ、機動戦士ガンダム the ORIGIN をおススメするのか?

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」の作者は、

  • 安彦良和さん

と言う方。


出典:練馬アニメーションサイト

安彦良和さんは 1979年、
最初に放映された「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイン作画監督を務められました。

つまり、ガンダムの原作者 富野 由悠季さんに携わりながら、初代ガンダムを世に送り出した一人なのです。

ただ、その時 病気も重なり43話中の10話程にしか参加できなかったそうです。

きっと心残りや悔しさがあったのだと思います。

その後、アニメーター・アニメ監督・キャラクターデザイン・イラストレーターetc…を務められ

  • クラッシャージョウ
  • ヴイナス戦記
  • 巨神ゴーグ
  • 機動戦士Zガンダム
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • ダーティペア
  • etc…

等、色々な作品に参加されましたが、やがて専業漫画家に転身。

2001年にガンダムエースに連載開始された この「機動戦士ガンダム the ORIGIN」に当たっては、

制作を決めた理由

  • 「最初につくって裏表知る人間が知らん顔しちゃいけない」
  • 「当時、どんな考えでガンダムが作られたか自分は知っている。それを描けるのは僕だけだ」

と言う想いから、このシリーズの作品化を引き受けたそうです。

機動戦士ガンダム the ORIGIN

違う視点と世界観

原作の「機動戦士ガンダム」と「機動戦士ガンダム the ORIGIN」は描いている本質は同じです。

ただ時代が移ろい、ガンダムが世界中で見られるようになり、新しい物議や解釈が出始めてきて、原作では表現・説明できない部分が出始めてきました。

その原作を立案段階から熟知する安彦良和さんが、独自の視点と解釈でそれらを具体化した作品が

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」

なのです。

  • シャアがジオンに身を置きながら復讐を続ける動機と意義とは?
  • ジオンは何故 戦争を仕掛けたのか?
  • 連邦は管理下に置いていた筈のジオン共和国の独立を何故止められなかったのか?
  • モビルスーツが何故 開発されたのか?

「ガンダム」に関与し、本質を熟知した人が、新しい視点と解釈で新たに「ガンダム」を表現した作品。

そして、満を持してアニメ映画化もされています。

ガンダム入門塾が「機動戦士ガンダム the ORIGIN」をおススメする理由はここにあります。

ガンダムを楽しむために。

私は「機動戦士ガンダム the ORIGIN」を読み、運営しているこのサイトをより良いものにしようと決意しました。

なぜなら、宇宙世紀の成り立ちや組織相関、人々の思惑などをハッキリと理解する事で、伝えられる価値観が広がったからです。

ガンダムの根本とも言える知識を得たことで、更に物語に含まれる色々なメッセージやテーゼを感じれるようになりました。

例えば、ニュータイプ。

ニュータイプとは

人を超越する能力を備えながら、結果、人と同じ過ちを繰り返す。

言い換えれば、現代において、どんな主張や結果を示したところで 極論、人は分かり合えない宿命を背負っている。

と言う残酷なテーゼを発信しているのだと感じる様になったのです。

現に、地球上の何処かで今もなお 戦乱が起こっています。

ガンダムはSFでアニメでフィクションです。

しかし、ただの娯楽ではありません。

観た人の価値観で無限に解釈が広がって行きます。

あなた自身が知らない独自の価値観に気づかせてくれる、表現できるようになる重要な作品なのかも知れません。

ビジュアルで楽しむ。

安彦良和さんが描く「機動戦士ガンダム the ORIGIN」

あなたはどちらでガンダムを楽しみますか?

塾長ぴろすけ
塾長イチ押し!
アシスタント・ハロAI強化ver.
迫力ではこっちだナ