スポンサーリンク

ギャン 【YMS-15】

楽天市場

型式 YMS-15
所属 ジオン公国
重量 52.7t
頭頂部 18.9m
出力 1,360kw
推力 56,200kg
装甲材質 超硬スチール合金
搭乗者 マ・クベ

スポンサーリンク

 ギャンの開発コンセプト

地球連邦軍のモビルスーツ量産とビーム兵器の標準化。

ジオン公国軍モビルスーツの主力である実弾兵器武装では火力不足という面が露呈されてきた事による次期モビルスーツ開発の中で、接近戦に重きを置いて製作された試作モビルスーツです。

 ギャンとゲルググとのトライアウト

オデッサ作戦での敗北で一気に地球上での勢力を失ったジオン公国軍。

同時に地球連邦軍の勢力が一気に宇宙まで達した大きな理由の一つに、地球連邦軍がモビルスーツと言うジオン公国軍と同等の兵力を保有し、実戦配備し始めたからです。
しかもビーム兵器標準装備という高火力を有したジム等は、ジオン公国にとって脅威になり得ました。

それによってあせったジオン公国軍は、ガンダムとほぼ同等の能力を有するモビルスーツ「ゲルググ」と、この「ギャン」を試作し、トライアウトを行いました。

このトライアウトと戦局で総合判断した結果、地球連邦軍の宇宙侵攻による大規模戦闘が予想できた事と、データ的に高い汎用性をもつゲルググがギャンに比べ総合性能が高いという結論になり、ゲルググが量産される事になりました。

それにより、ギャンはマ・クベが搭乗した1機のみ生産されるに終わりました。
つまり、ギャンは戦力外通告されたのです。

 超高性能な接近戦専用モビルスーツ

スポンサーリンク

ギャンは、グフでの教訓を生かせていません。

グフの弱点は一言で言うと「近づかなければ攻撃できない」=「大破率とパイロットの死傷率が上がる」=「ジオン公国にとって損害が増える」という事です。

ギャンの武装は、ビームサーベルとニードルミサイルというけん制用ミサイルと浮遊式機雷のハイド・ポンプだけです。

この2つの武装はガンダムに対し、致命的なダメージを与える事ができず、開発コンセプトにもある火力不足問題を全くと言っていいほど解決していません。

しかもニードルミサイルとハイド・ポンプは盾に内蔵されています。つまり、盾をビームサーベルなどで一突きされたら、内蔵されている兵器が一気に連鎖爆発。自爆に等しい状態になります。

どちらかと言うと、「盾」ではなく、「ウェポンコンテナ」です。
それを盾として使うとは狂気の沙汰としか言いようがありません。

しかもギャンは、それ程機動性が高いモビルスーツでもなかったので、間合いを詰める事が難しく、ギャンの接近戦に重きを置いた性能を100%出す事は出来ませんでした。

接近戦能力は非常に高い能力を有していますが、ガンダムとの決戦では、得意とする接近戦で敗北を喫し、いいところ無しで出番を終えてしまいました。

 ギャンとガンダムの世界観

ジオン公国軍は、何でギャンを作ったのでしょう?
機体コンセプトがバラバラなので、性能を上手く表現できません。

しかし、ガンダムの中ではギャンは結構みんなの記憶に残っているモビルスーツです。

ガンダムは空想アニメで、モビルスーツという夢の乗り物を私達に提供してくれましたが、ギャンはちょっと西洋チックで遊び心が見え隠れする部分もあると思います。

ガンダムの世界というのは40歳を超えた私にもワクワクさせる物を提供してくれます。(スイマセン余談でした・・)

スポンサーリンク

一年戦争を本気で知るならORIGINよ。

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」は、一年戦争導入への人間関係や組織相関をビジュアルで示した、ガンダムの根底を知る上で、とても優れた「マンガ」です。

分かりやすイ。
モちろん面白いヨ!


関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。
シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです!
「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。
熊本県在住 普通のサラリーマン。
階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。