スポンサーリンク

改善することの出来ない水陸両用モビルスーツの最大の弱点とは?

水中においてモビルスーツは自重を浮力で相殺できることと、隠密性を確保できる事から、ジオン公国軍は その強みを活かし水中運用に重きを置いた水陸両用モビルスーツの開発を行いました。

そのフォルムは水抵抗や抵抗音の発生を考慮した流線型のモノコック構造が主流となっていきます。

ぴろすけ
モノコック構造とは、ここでは首や腰が分割されていない事を指しています。

それにより、水中環境を活かした性能を獲得することが出来ましたが、その反面 失っている性能もあります。

水陸両用モビルスーツの弱点とは どのような物なのでしょうか?

スポンサーリンク

 流線形と隠密性の関係

宇宙空間や陸上では、ミノフスキー粒子を戦闘濃度散布することにより隠密性を確保できる事から、モビルスーツの様な巨大な兵器も有効に運用されています。

ミノフスキー粒子

2013.08.20

万能性があり、戦いの主戦力であるモビルスーツの運用場所を増やしたいと考えれば、旧世紀から潜水艦という隠密行動をとれる兵器が活躍してきた事は立証されているので、必然的に水中でのモビルスーツの運用に目が向けられました。

開発するに当り、水抵抗が大きいと音探知機に引っ掛かり隠密性が損なわれる為、武装や装備も外付けせず、全て機体内に格納する事となります。

アッガイズゴックゴッグ等も同じく 見て分かるように、外付けの武装や装備はありません。

アイアンネイルやビーム砲等も全て機体内に格納されていて、必要に応じて突起したり、引っ込んだりします。


楽天市場

ハロAI強化ver.
アイアンネイル格納時ダヨ。
巡航時や隠密を確保する場合はこの様に引っ込んでいルヨ。


楽天市場

ハロAI強化ver.
アイアンネイル突起時ダヨ。
戦闘時は、これで暴れまくルヨ。

このように、機体が突起の少ない流線形であるため、水中においての隠密性が確保できるのです。

しかし、この隠密性を確保出来た事の反面に、弱点も浮き彫りになってきます。

 格納されている武装や装備の弱点

ご存知、グフの武装には フィンガーバルカンとヒートロッドがあります。

DSC009651-e1455270335418
ぴろすけ
ヒートロッド
腕と一体化した武装です。
PCM_06_07_28_0001
ぴろすけ
フィンガーバルカン
指が銃口になっています。

この二つの武装は、モビルスーツの指や腕と一体になっていることから、例えばヒートロッドが壊れたら選択肢は2つで、

  • ヒートロッドが壊れたまま(使えないまま)出撃する。
  • 修理が完了するまで出撃しない。(出撃できない)

これが意味する事は、一体式になっている分、壊れた部分だけを簡単には取り外せないので、機体は健全な状態なのに壊れた部分がデッドウェイトになる、もしくは機体自体が使い物にならないという事です。

分かりやすく例えるなら、DVD内蔵テレビのDVDが壊れてテレビは観れるのに、テレビごと修理に出さなくてはならないのと同じです。

この問題点から、グフはグフカスタムに見られる様に、フィンガーバルカンは外付けに改良されたり、中距離攻撃用に脱着可能なガトリングシールドが追加されたりして、壊れたら機体から簡単に取り外して修理出来るように改善されています。


楽天市場

ぴろすけ
左腕にマウントされた外付けバルカン砲。
これによりフィンガーバルカンは廃されています。
これでメンテナンス性能が向上しました。

しかし、水陸両用モビルスーツは隠密性が一番の優先事項ですので、グフカスタムの様に外付けによる改良・改善ができません。

メンテナンス性能の欠如

スポンサーリンク

水陸両用機以外のモビルスーツで、ジオン公国軍の統合整備計画で建造された機体は、各機関がユニット化されていてボルト・ナット等を用いて脱着が比較的簡単に出来るセパレート構造となっています。

タイミング遅れの統合整備計画と、兵器開発にこだわるジオン軍について

2013.08.21

このセパレート構造の利点は、限られた施設や道具でメンテナンスを施せる。

つまりメンテナンスに掛かる手間や費用を抑える事ができるのです。

しかし、冒頭にも記述していますが、水陸両用のモビルスーツはモノコック構造であることが一般的です。

このモノコック構造とは、首と胴体の区別が無く一体型にすることにより機体の外板全体の連続した面積を増やし、外から受ける力を分散させ、強度が向上する構造のことを言います。

こうする理由は、先に述べた機体形状を流線形にするに当たり、設計上の相性が良い事と、また耐弾性はもちろん、機体内に格納されている武装は使用時に反動を関節等で逃がす事が出来ないので機体構造でその力を受け持たなければなりません。

加えて、水圧にも対処する必要があります。

この様に、モノコック構造でなければ水陸両用モビルスーツとして成り立たない為、武装や装備ももちろんですが、各機関をユニット化出来ません。


楽天市場

ぴろすけ
モノコック構造による機体は、ジムを貫く強度も持ち合わせます。
その反面、ユニット化できないと言うデメリットがあります。

ユニット化出来ないので、セパレート構造のようにボルトオンで簡単に取り外し・取り付けができない。

つまり、修理やメンテナンスを行う際、構造に係る部位まで手を及ぼさなくてはならず、その際 一定程度以上の施設や特殊道具も必要になると考えられ、非常にメンテナンス性を損なっているのです。

現に、統合整備計画で建造された「ケンプファー」はポケットの中の戦争において、サイド6にある小さな町工場に材料を持ち込み、調達した道具を使って4人程度で組み立てられました。


楽天市場

ハロAI強化ver.
ケンプファー。
バラバラの部品をコンテナに入れて持ち込まれていタヨ。
非常にコンパクト。

この様に、モノコック構造とセパレート構造を比べると、メンテナンスに掛かる労力は相当な差があると考えられます。

物資も人も時間もない戦時中に、メンテナンスに手間と時間を費やさなければならないのなら、最悪 メンテナンスを放棄してモビルスーツを運用する場面も出てくる事になります。

そうなれば、モビルスーツの性能を引き出すことが出来ないまま浪費することにもなります。

これらを考えれば、メンテナンス性能の欠如は、様々な要素において水陸両用モビルスーツの最大の弱点であると言えます。

 ジオン公国軍の海洋部隊充実の意義とは?

キシリア・ザビが主導した海洋部隊は機体数が増え、充実されて行けば行く程、人と手間とコストが増大する事になります。

国力が地球連邦に比べ1/30しかなかったジオン公国において海洋部隊の充実は、果たして的を得た戦略だったのでしょうか?

確かに、地球降下作戦以降は 地球連邦軍本拠地ジャブローを攻略するために、モビルスーツを使った隠密性を伴う作戦は必要であったかもしれません。

しかし、ジャブロー攻略戦おいて水陸両用モビルスーツを投入しましたが、やり方がまずかったのか、その作戦も失敗に終わっています。

ジャブロー攻略戦 0079.11.30

2012.08.05

ジオン公国軍は、モビルスーツ等の機動兵器に頼り過ぎ、国力が少ない筈なのに作戦や戦略に、いつも ひとひねりが足りていない気がします。

海洋部隊の充実の先に、上手く活用する戦略が用意されていたのでしょうか?

海洋部隊は多大な費用が必要となりますが、それを超える効果が得られると計算されていたという事なのでしょうか?

手段と目的が上手くかみ合っていないジオン公国軍は、ジャブロー攻略失敗後 地球上での部隊や戦力がほぼ無形のものとなり、編成された海洋部隊はほとんど活躍する場を与えられること無く、そのまま終戦を迎えました。

 まとめ・考察

ジオン公国軍は、色々な作戦に対応できるモビルスーツバリエーションを保有しています。

その代表的な存在と言えるのが、水陸両用モビルスーツです。

ただし上記した様にメンテナンスの問題で、運用上 沢山の問題を抱え、海水等による酸化や劣化等も起こることから、ランニングコストも高価となる機体でもあります。

  • メンテナンスしにくい+高価なランニングコスト=単純にハイコスト

費用対効果を考えれば、大変に非効率な機体なのです。

一方の地球連邦軍は、水中に特化した機体を個別には開発しませんでした。

全てジムを基本としたバリエーション機で対処しています。


楽天市場

ぴろすけ
RAG-79 アクア・ジム。
性能は劣悪だったようです。
水中型ガンダムも少数生産されましたが、それも基礎開発から始めた機体ではありません。

水中戦に対抗する必要はあったと思いますが、地球連邦の方がモビルスーツの水中運用に対する先行きと分析が進んでいたのかも知れません。

結局はその後の戦乱においても水中運用に特化したモビルスーツは積極的に開発される事は無く、宇宙世紀0090年代に入っても老朽化したザク・マリンタイプ等が運用されるに留まっています。


楽天市場

ハロAI強化ver.
ザク・マリンタイプ
一年戦争時中に運用され、終戦後 地球連邦によって接収された機体ダヨ。
Zガンダムでも登場するヨ。

でも劇中において、この水陸両用モビルスーツは非常に強いインパクトを残しました。

ガンダムを語る上では、水陸両用モビルスーツは必要な要素である事は間違い無いのです。

私は個人的にハイゴッグ。好きだなー。

ぴろすけ
すいません。
以上 余談でした。。
スポンサーリンク

一年戦争を本気で知るならORIGINよ。

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」は、一年戦争導入への人間関係や組織相関をビジュアルで示した、ガンダムの根底を知る上で、とても優れた「マンガ」です。

分かりやすイ。
モちろん面白いヨ!


関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。
シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです!
「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。
熊本県在住 普通のサラリーマン。
階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。