スポンサーリンク

グフ 【MS-07B】

楽天市場

型式 MS-07B
所属 ジオン公国
重量 58.5t
頭頂部 18.2m
出力 1,034kw
推力 40,700kg
装甲材質 超硬スチール合金
搭乗者 ランバ・ラル ジオン軍一般兵

スポンサーリンク

 グフの開発コンセプト

ジオン公国軍がザクⅡの次に実戦配備した機体です。

ミノフスキー粒子散布下でレーダー等の観測機器が使えなくなり、有視での接近戦が予測されたことによる事と、地球連邦軍のモビルスーツ実戦投入に対応するため、ザクより高い接近戦能力を有する事を目的に作られました。

 グフの特徴的武装

このグフは陸上戦に特化した機体で、宇宙用に装備されていた機材を取り外す事により、軽量化や機体内の余剰スペースを利用した兵器武装をしています。

それらが、グフの特徴と言えるムチのような兵器 ヒートロッドやフィンガーバルカンです。

ヒートロッド
ヒートロッド
ヒートロッド 射出口
ヒートロッド射出口
フィンガーバルカン
フィンガーバルカン

グフは軽量化し、余剰スペースに武器を装備していますが、グフの開発コンセプトの中には軽量化することの最終的目標として モビルスーツの飛行 が考えられています。

重力下で数十トンある巨大なモビルスーツをいかに戦略的にスピーディーに効率よく配置し、少ない国力でいかに出費を最小限に留めれるか・・・
その様な狙いがあったのです。

楽天市場

実際にテストが進められていたグフ飛行試験型

ですので、グフは開発当初 飛行能力がなかったので、サブ・フライト・システム(SFS)の ドダイ  と連携し、飛行して移動する事に成功しています。
楽天市場

グフとの連携例
サブ・フライト・システム(SFS)

 主役にはなれなかった高性能モビルスーツ

スポンサーリンク

格闘戦であればザクⅡよりもドムよりも最も強いモビルスーツだったはずですが主役になれない理由があります。

  • 体の中に内蔵されている兵器が多かったので、メンテナンスや弾薬換装に時間が掛かりすぎた。

  • ヒートロッドを使いこなせるパイロットがいなかった。

  • 接近戦専用のモビルスーツだったので死傷、大破するケースが多かった。(接近戦用だったので近づかなければ攻撃できなかった。)

こんな感じの理由があって少しは量産されましたがドムの戦術有効性を重視する動きになり、徐々にザコキャラになっていきます。

現に本編ではザクマシンガン等武器を携帯する事が多くなり、(つまり中至近距離戦闘をするようになり、ヒートロッドやフィンガーバルカンの射程距離外での戦闘が増えた)格闘しない格闘兵器を生産する理由が無くなり上記の様な運用をするなら、安価なザクⅡを生産したほうが良かったのです。

スポンサーリンク

一年戦争をマジで知るならORIGINよ。

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」は、一年戦争導入への人間関係や組織相関をビジュアルで示した、ガンダムの根底を知る上で、とても優れた「マンガ」です。

分かりやすイ。
モちろん面白いヨ!


関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。