スポンサーリンク

地球降下作戦が失敗したもう一つの理由

地球降下作戦のページで記述したように、ジオン公国は自軍の身の丈を超えて占領地域を拡大しすぎてしまった事から、補給が行き届かず戦争こう着状態に陥ってしまいました。

戦争に対するプランニングが甘かったジオン公国ですが、別の切り口から見ても失敗した要因が見え隠れしています。
それは、地球在住の民間人に対してのフォローが後手に回った事です。

?んん?? どう言うことか?

スポンサーリンク

地球降下作戦での心理的苦痛とやり過ぎ

地球降下作戦が始まる頃、地球には約20億人が生活していました。

宣戦を布告し、ジオン公国軍の全指揮を執ったギレン総帥は手始めにブリティッシュ作戦によりスペースコロニーを地球に落としてオーストラリア大陸の1/3を消失させ、南極条約締結後の、この地球降下作戦を実行に移す前に月面上のマスドライバーから作戦予定地に「打倒地球連邦!」を盾に無慈悲に地球に攻撃を加え、精神的な苦痛や負荷を掛け続けながら民間人も巻き添えにしていきました。

もうお分かりと思いますが、ジオン公国が独立を目指す意義は理解できても、地球に住む民間人にとってみれば明らかな「やり過ぎ」がそこにあったのです。

その反感はレジスタンスやゲリラを各地に点在させ、ジオン公国軍の活動の妨げ等を活発に行うことになります。

現地での作戦遂行は地理的な問題やしきたり、ならわしに則らなくてはならず、ただでさえこの「やり過ぎ」による反発がある中、現地からの理解も勿論得られる事が無かった為、度々のゲリラ活動により かなりの足止めを強いられたようです。

つまり、この「やり過ぎ」により、作戦遂行に対して大きな障壁を自ら作ってしまったのです。

見え隠れする地球降下作戦のプランニングの甘さ

スポンサーリンク

ギレン総帥の独裁による作戦遂行はどの作戦においても「心理戦・心理誘導」の要素が非常に希薄です。

この希薄さは後のガルマの国葬ソーラレイ計画によるデギン公王の戦死に係り、ザビ家崩壊の一番の要因であったようです。

そういった中、ジオン公国もマズいなと思ったのか、ジオン公国内でアイドル的存在だったガルマを地球に駐在させ、前面に押し出してイメージUPを図ろうとしたという話もありますし、難民キャンプを作ったりして民間人に対し施しを行ったりしますが、それは逆に反感を買う部分もありました。

現にアムロが母親に会いに行ったシーンでは難民キャンプにいた子供は「親を返せ!」と反抗し、周りの目も白々しい物でした。

ジオンの独立に向けての活動はある意味美しい物もありますが、その無慈悲な作戦進行の中でジオン兵にも心境の変化が起こったりもします。

紳士的に対応する兵士も数多くいたようですし、中には良心の呵責に耐えかねククルス・ドアンの様な脱走兵が出たりしています。

元々、短期決戦をにらんでいたジオン公国でしたので、地球降下作戦は当初プランに盛り込まれていない事柄でしたが、南極条約を契機にプランニングの変更を余儀なくされた事をひいき目にみても戦争へのプランニングの甘さと、必ず抑えなければならないツボを常に抑え忘れていると改めて感じさせます。

スポンサーリンク
関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。