スポンサーリンク

ミノフスキー粒子の効果と独立戦争への序章

サイド3は国家として独立を宣言しました。

すなわち、国家を存続させる上での経済や防衛にまつわる対策は、全て自らで構築する事になります。

しかし、ジオン共和国として独立宣言はしたものの、サイド3を基盤とした小国な為、経済規模は限定的で資金は豊かではありません。

楽天市場
国力は地球連邦の1/30しか無かったと言われています

地球連邦は地球全体を連合国家として成り立っていましたので、その資金力の差は歴然!

しかし、国家として戦争を仕掛けて勝利を収めるには軍備充実は不可欠です。

また、資金が無いのに地球連邦軍と同じ兵器と規模を揃えて行く事も不可能です。

ならば、その置かれている環境や資金で地球連邦軍に勝つ方法を見出さなくてはなりません。

ザビ家の実効支配により、ジオン公国となった後も来るべき戦争を見据え、今までの常識を覆す新たな兵器を開発すべく、ミノフスキー博士と協力して、その技術「ミノフスキー粒子」に大きな期待を寄せ研究を進めていきます。

スポンサーリンク

 ミノフスキー粒子の性質と効果

ミノフスキー粒子とは、密閉型コロニーの内壁を照らす人工太陽や、艦船等の動力源に用いられているミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉内の核融合反応の副産物として作り出されるものです。

このミノフスキー粒子の効能を簡単に言うと、その粒子(細かな粒)が電気を蓄えてしまう性質を持っていて、これを故意的に空間へ散布すれば、電子観測機器などが発する電波を粒子が吸収して蓄えてしまいます。
(詳しくはミノフスキー粒子へ)

この特性を戦争の技術に応用できないか?

歴史を振り返えってみれば、第二次世界大戦以来、化学技術の目覚しい発展により、レーダー等の観測機器は、ミサイル迎撃やピンポイント爆撃などに応用され、戦局を大きく左右してきました。

この事により、わざわざ最前線に部隊や兵器を送り込まなくても安全に効率よく攻撃を加えたり、レーダー等により敵の情報を察知する事ができるようになったのです。

レーダーによる探知のイメージ

では、もし、このレーダー等の観測機器が使えない状況になったらどうなるのでしょうか?

ミノフスキー粒子は、いままでの歴史上で培われた現代兵器の効力を無効にしてしまう可能性を秘めているのです。

 不遇のミノフスキー理論と可能性

このミノフスキー粒子は、宇宙世紀0045~0046に仮説理論が発表されるのですが、その当時は実証できるデータがなくミノフスキー粒子の仮説はその当時の学会には受け入れてもらえませんでした。

また、提唱者であったミノフスキー博士も当時 異端児的存在で学者達からも煙たがられていた事もあり、同じく学会から追放されてしまいます。

しかし、ジオン独立に関与していたミノフスキー博士はザビ家のバックアップを受けサイド3にミノフスキー物理学会を設立する事になり、研究はそのまま続行されました。

ザビ家は、何のメリットも無いのにミノフスキー博士へバックアップなどする訳がありません。

世の中に認めてもらえなかったこのミノフスキー粒子の理論を拾い上げ、国家独立に向けた具体的活動や来るべき戦争を予見し、このミノフスキー粒子の効果と、それによる可能性を信じたのです。

 ミノフスキー粒子を利用した環境と兵器

スポンサーリンク

宇宙世紀0069にミノフスキー粒子の理論がついに立証され、その時すでに独立を宣言していたジオン公国は、ミノフスキー粒子の効果を積極的に取り入れて、新しい兵器を用いた戦略を立案します。

このミノフスキー粒子の「電気を蓄えてしまう性質」を利用する事により戦場の環境がどう変わるか?

  1. 空間へのミノフスキー粒子の散布
  2. レーダーや通信等の観測機器の著しい機能低下
  3. レーダー探知やミサイルの遠隔操作の機能不全

つまり、地球連邦軍が保有する高度な観測機器により培ってきた戦果や技術を一蹴。

目視の重要性や接近戦が多発する原始的戦術に戻らざるを得ない環境を作る事ができ、現存する地球連邦軍の戦力をほぼ無効に出来る環境を作り出せると考えたのです。

ミノフスキー粒子の効果は革命的効果をもたらす可能性を秘めています。

現在ステルス戦闘機などレーダーに映りにくい兵器はありますが、ジオン公国は観測機器そのものの能力を奪ってしまうこのミノフスキー粒子の効果に大きな期待を寄せました。

そして、その環境を利用して最も高い効果をもたらすと考えられ必要とされた兵器こそ、今までのどのカテゴリーにも当てはまらない新型機動兵器「モビルスーツ」です。

少ない資金と現在置かれている立場や条件を強みに変えて軍備を充実し、最終的に国家独立を勝ち取るため、ミノフスキー粒子の効果による環境とその環境で脅威となる新兵器を開発するという戦略を基本とし、ジオン公国は淡々と準備を進めていきます。

・・・つづく

 要点・まとめ

  • ジオン共和国は当初、軽視されていたミノフスキー粒子を本気で研究した。
  • その結果、地球連邦軍が保有するレーダー・通信・遠隔操作等の機能を奪うことが出来ると判明する。
  • 従ってその環境下では、目視確認や隠密行動、接近戦など原始的な戦術を強いられることになる。
  • ジオン共和国は、その環境下で脅威となる新兵器「モビルスーツ」の開発に着手する。

ミノフスキー粒子散布下でのモビルスーツの有用性はこの時点で大きな期待を持たれました。

それはもちろん「戦争に勝利し、国家独立を果たす」ためです。

ある意味、巨大化し過ぎて現実を軽視してしまう組織「地球連邦」に対して最も有用な手段であるのかもしれません。

現実味を帯びてくる新兵器 モビルスーツの開発。

一年戦争はすでに始まっているのかもしれませんね。・・・つづく

スポンサーリンク
関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。