ソーラレイ計画 0079.12.25

宇宙要塞・ソロモンの陥落によって大幅に戦力を失い、体制の立て直しを余儀なくされたジオン公国軍。

ソロモン攻略戦 0079.12.24

2012.08.04

同時に兵士の士気高揚に大きな影響を与えていたドズル・ザビ中将の戦死によって、宇宙でのジオン公国軍と地球連邦軍との勢力図が大きく入れ替わろうとしていました。

ギレン・ザビ総帥は、一発逆転の新しい計画をデギン公王に進言します。

ソーラレイ計画とは、どの様な内容だったのでしょうか?

コロニー転用兵器「ソーラレイ」

ソロモン攻略戦で地球連邦軍が対要塞兵器「ソーラー・システム」を用いた一連の活動は、地理的要因を活かしつつ敵の虚を突く見事な作戦となりました。

戦局を一変させる効果とインパクトを与え、事実、ジオン公国軍のプランは手痛く崩されてしまったのです。

それに対抗するが如く、ギレン総帥自ら提言するのが「ソーラレイ計画」で、密閉型スペースコロニーの巨大な「筒」を大口径レーザー砲に改造すると言う内容です。

ソーラレイを地球連邦軍艦隊が集結しているポイントに向けて発射する事で、一気に戦力をダウンさせる事を目的としています。

スペースコロニーと戦争

2014.02.24

ぴろすけ

サイド3、3バンチ 密閉型スペースコロニー「マハル」。
改造後は砲身が40km×6kmにも及び(諸説あり)、その大口径から桁外れの威力と射程距離を誇ります。

地球連邦軍の「ソーラー・システム」の数倍の威力を有する物で、ジオン公国軍の劣勢をイーブンに持っていく事ができる一撃必殺兵器です。

ただ、地球連邦軍が何時 どの様な行動に出るかは掴めておらず、作戦進行と戦局を見極めれば ジオン国民に配慮をしている時間と余裕はありません。

適合したスペースコロニーの居住者達を、今すぐ、直ちに、強制的に退去させる必要があります。

デギン公王の思惑


ぴろすけ

戦いの限界を感じ始めていたデギン公王。

ジオン・ダイクン亡き後、デギン公王はジオン「共和国」をジオン「公国」として独裁政権にしました。

その意図は、国民の意思統一や国家の行方を定める時に、なるべく他言に振り回される事なく 短時間で結論を導き出したかったからです。

ジオン共和国とジオン公国の違い

2015.02.16

しかし ギレン総帥に実権を譲ってからは、戦時中という特殊な環境と相まって一方的な軍事指揮系統として利用され、自己の欲求や目的を果たす道具となってしまいました。

加えてガルマやドズルという肉親まで失い 更なる劣勢に立たされた今、国家としての最善策、また公王として最良の判断とは、連邦との和平交渉の実施。

すなわち 戦争を終わらせる事であると考え、密かに部下であるダルシア首相に相談を持ちかけていました。

ギレン総帥の思惑

ぴろすけ

ゆるぎない勝算を胸にするギレン総帥。
その思惑とは?

ギレン総帥はIQが240あると言われていて、故に自分は特別な人種・選ばれしリーダー。

彼の唱える「優性人類生存説」の体現者とし、優れた説得性とカリスマを武器に幅広く強い影響力を既得しています。

そんなギレン総帥は、ジオン公国軍の防衛ラインを構成する3大拠点のひとつ「ソロモン」を突破されたこの状況下でも、戦争に勝利できると考えていました。

劣勢に立ち始めているという状況は理解しながらも、それを跳ね除け打開できる手段がある。

それこそ「ソーラレイ」であると考えていたからです。

戦争のあり方に疑問を抱き始めていたデギン公王に対し、ソーラレイ計画を進言したギレン総帥は苦言を呈されます。


ぴろすけ

デギン公王は独裁を続けるギレン総帥に「貴殿はヒトラーの尻尾だ」と苦言を呈します。
「ヒトラーは所詮敗者なのだぞ」と。

互いに腑に落ちないやり取りが続きましたが、デギン公王はこのソーラレイ計画を承認。

この一撃必殺のソーラレイ計画が成功すれば、ギレン総帥の勝利のシナリオは完成に近づくのです。

ソーラレイ発射

デギン公王はソーラレイ計画の承認はしましたが、極秘に乗艦「グレート・デギン」を出港させ地球連邦軍の集結ポイントへ和平交渉に出かけます。

「老いたな・・・父上」

そうつぶやいたギレン総帥は、デギン公王が出港する所を見ていました。

それでもギレン総帥は、承認を得たソーラレイ計画の準備を急ピッチで進めていきます。

やがて、地球連邦軍艦隊とグレート・デギンが集結ポイント「ゲルトルバ」で、これから和平交渉を始めようとしていたその時、ギレン総帥は躊躇なくソーラレイの発射を命じたのでした。


ぴろすけ

ソーラレイ発射の様子
12月25日に認可を受けたソーラレイ計画は12月30日には運用可能状態となっていました。
5日間で作り上げた急造兵器です。

ギレン総帥は、地球連邦艦隊ごと老いた父・デギン公王を撃ったのです。

ギレン総帥は、このソーラレイ発射で地球連邦軍艦隊の30%に相当する戦力を 指揮官のレビル将軍ごと一気に沈めたと同時に、それにかこつけて何かと目障りであったデギン公王を排除しました。

もはやそこには親と子の感情などありません。

ハロAI強化ver.

【動画】ソーラ・レイ発射の様子

この事でギレン総帥による独裁政権は更に加速するかに思えましたが、このソーラレイ発射とデギン公王の戦死に違和感をおぼえるザビ家の長女・キシリア少将は、ただでさえ不仲だったギレン総帥への疑惑を深める事になります。

このソーラレイ計画は今後の戦局はもちろん、ザビ家の存続にも関わる大きな問題に発展するのです。

要点・まとめ

  • デギン公王は、巨大レーザー砲「ソーラレイ」の使用を認可。その裏で和平交渉を画策。
  • ザビ家の方向性が合わなくなり、ギレン総帥は和平交渉中のデギン公王をソーラレイで撃ってしまう。
  • その射線上には連邦軍の集結ポイントがあり、その一部を消失させ、ジオン軍が反抗ののろしを上げる。
  • デギン公王の死に違和感を覚えたキシリア少将は、ギレン総帥への不信感が更に増大する。

ザビ家の2トップのベクトルが合わぬまま、それぞれに異なる行動を起こしたジオン公国。

もはや、組織は崩壊しています。

加えて「邪魔者は消えてもらう」という意図が見え見えのソーラレイ発射。

ヒトラーとギレン

ギレン総帥はそれでも戦争に勝てると思っていて、防衛体制を整え地球連邦の攻撃に備えます。

・・・つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。