スポンサーリンク

宇宙世紀年表 ~0078

ガンダムはどのように話が進んでいくのでしょうか?
宇宙世紀年表を使って解説していきます。

一年戦争開戦から終戦する間に、地球連邦軍・ジオン公国軍双方に色々な作戦を立案、実行し、その度に戦局は大きく変わっていきました。
流れが分かるように年表化し、次の項目「戦いの行方は?」で解説していきます。

宇宙移民計画開始(A.D.2050 頃)によって西暦はU・C(ユニバーサルセンチュリー)に変更になります。

スポンサーリンク

 宇宙世紀年表 ~0078

楽天市場

A.D.1957 ソビエト連邦による人類初の人工衛星打ち上げ成功
 1969 アメリカによるアポロ11号 月面着陸に成功

プリンストン大学 オニール博士の研究グループがコロニー構想を発表
 1980 ボイジャー1号が土星探査に成功
 1986 スペースシャトル・チャレンジャー爆発
打ち上げ失敗
 1991 湾岸戦争勃発 ソビエト連邦消滅
 1992 スペースシャトル「エンデバー」打ち上げ

日本人飛行士搭乗
 1999 地球連邦政府樹立
 2001 ヒトゲノム解析完了
クローン元年
 2005 カッシーニ、土星探査開始
初のタイタン調査
 2009 地球連邦軍設立
 2022 月面上にマスドライバー設置
 2025 木星エネルギー開発船団編成
 2045 スペースコロニー建造開始
 U.C.0001 人口90億人を突破。
宇宙移民計画発令と共に年号が変更
U.C(ユニバーサルセンチュリー)となる
 0009 ジオン・ズム・ダイクン誕生
 0010 木星エネルギー開発船団再編 木星開発事業団発足
 0016 フロンティア開発移民移送局 連邦政府によって設立
 0027 初の月面都市 フォンブラウン市 完成
 0030 フロンティア開発移民移送局民営化 宇宙引越し事業団発足
 0034 宇宙引越し事業団 NGOとなり宇宙引越し公社設立
 0035 サイド3建設開始
 0040 総人口の40%が移民完了
 0045 小惑星ルノー(後のルナ2)月軌道定着
ミノフスキー粒子の発見
ミノフスキー博士 学会から追放され、サイド3にミノフスキー物理学会設立
 0046 ジオン・ズム・ダイクン コントリズム(サイド国家主義思想)を提唱
 0047 ミノフスキー物理学会を基にミノフスキー・イヨネスコ公社設立
ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉開発
 0050 総人口110億人 90%が移民完了
 0051 地球連邦政府 新規スペースコロニー開発を中断
 0052 ジオン・ズム・ダイクン サイド3に移住
 0053 ジオン・ズム・ダイクン サイド3の首相に選出
 0058 サイド3 独立宣言
ジオン共和国となる
 0065 ジオン共和国内で、ダイクン派閥(温厚派)とザビ家派閥(軍事拡大派)の対立表面化
 0068 ジオン・ダイクン死亡
 0069 ミノフスキー粒子の存在が実証される。
ジオン公国を宣言
ジオン公国軍 発足
 0071 ミノフスキー粒子を利用した新兵器モビルスーツの開発に着手。
ギレンによる「優性人類生存説」発表
 0073 ジオン公国軍 モビルスーツ第1号機ロールアウト
 0077 ミノフスキー博士 ジオン公国の軍事化を危惧し、地球連邦へ亡命
 0078 サイド7
1バンチコロニー移住開始
 0079 一年戦争勃発

スポンサーリンク

補足説明:宇宙引越し事業団の役割

前身はフロンティア開発移民移送局と言うのですが、簡単に言うと 半強制的に宇宙への移民を行わせた地球連邦政府
当然一般市民に自腹で宇宙への引越し代を負担させるのは不可能であり、同時に反感や宇宙移民者の低下を招く事になります。

宇宙移民を円滑に計画的に出来るように作られたNGO組織です。

地球上に残された財産などを宇宙に確実に運ぶ事も大きな目的で、これらをきっちりと運ぶことが宇宙移民計画の条件でもあった為、その中立性を保つためにもこの組織が設立されました。

補足説明:マスドライバーとは?

マスドライバーとは、惑星(地球や月等)から物資などを衛星軌道上に効率的に射出できる装置をいいます。

原理は簡単に言うと「吹き矢」を思い浮かべてもらえれば分かりやすいと思いますが、吹き矢の「矢」が宇宙へ持っていかなくてはいけない物資だとすると、現在のロケットはその「矢」自体に推進装置をつけて射出する方法をとっています。

つまり、吹くための「筒」が使われていないのです。

一方のマスドライバーは、吹き矢のように物資を筒に入れ吹いて射出する方法です。
つまりロケット式は物資一個一個に推進装置を付けてあってそれを段階ごとに切り離して捨ててしまうので、コストが掛かってしまいますが、マスドライバーは物資を吹く装置が何回も使えるので、非常に経済的です。

しかし「吹き矢」と表現していますが、実際は銀河鉄道999の発車線路みたいな形をしています。

マスドライバー
マスドライバーのマンガ絵。
マスドライバーの推進装置とグライダーが持つブースターを併用して射出します。
グライダーの本体とブースターはロケットと違い、再利用されます。

その他の使用例は、逆襲のシャアで アムロ・レイが月にガンダムを受領しに行き、その後 母艦のラー・カイラムに戻る際 月面のマスドライバーを使用して月の重力圏から射出されるシーンがあります。

マスドライバーが小型化したようなものが「アムロ!行きまーす!!」でお馴染み、モビルスーツ射出時に使われるカタパルトです。
ですが、マスドライバーとカタパルトでは施設規模が大きく違います。
「マス(mass)」とは質量とか塊とか その様な意味があり、圧倒的にマスドライバーの方が巨大な施設になります。

この技術は現在も実際に研究されている物で、将来 導入される可能性を持っていて、ガンダムの世界ではスペースコロニーへの物資供給や、宇宙移民者の引越し 旅客船の発射台等に使われています。

スポンサーリンク
関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。