スポンサーリンク

エルメス 【MAN-08】

楽天市場

型式 MAN-08
所属 ジオン公国
重量 163.7t
全高・全長 44.7m・85.4m
出力 14,200kw
推力 645,200kg
装甲材質 不明
搭乗者 ララァ・スン

スポンサーリンク

 エルメスの開発コンセプト

早くからニュータイプについての研究を進めてきたジオン公国軍。

フラナガン機関と協力し、ニュータイプ独特の能力を解明していきました。

そのニュータイプ研究によって新しい技術開発の可能性が見え始めたとき、ニュータイプの能力を引き出す兵器を作る事をコンセプトとして、先に開発されていたブラウ・ブロのデータを参考に試作された、ニュータイプ専用のモビルアーマーです。

 ニュータイプの能力

ニュータイプは、普通の人と見た目は変わりませんが、特殊な能力をもっています。

ニュータイプを研究していたフラナガン機関は、ニュータイプには特殊な脳波があることを突き止めます。

その脳波はサイコウェーブと名付けられ、サイコウェーブをサイコ・コミューターシステム(以下サイコミュ・システム)によって増幅させ、ミノフスキーの技術を応用したミノフスキー通信という通信技術を用いて、兵器を遠隔操作できるようにしたのです。

サイコミュ・システムは、サイコウェーブを増幅させる物なので、ニュータイプ以外の人間には制御できません。

このエルメスは、必然的にニュータイプ専用の機体となってしまいました。

 兵器の革新 サイコミュシステム

スポンサーリンク

兵器を遠隔操作できる事によるメリットは、前線まで行かなくても攻撃を加えることができる。
つまり、パイロットの死傷率と機体の破損率が大幅に軽減される事です。

しかもエルメスが開発された当時、地球連邦軍はモビルスーツの量産にようやく成功した頃でしたので、ハイレベルな技術であるサイコミュ・システムの存在を知る訳もなく、「気がついたらやられていた」という、まさに奇襲攻撃を加えることが出来たのです。

また、エルメスは、サイコミュ・システムによって機体自体を補助的にコントロールできるように設計されていたので、パイロットとして未熟なララァ・スンも簡単に操縦することが出来ました。

 遠隔操作兵器 ビット

ビットとは、リモコンで動く移動砲台の様な物です。

楽天市場
エルメスに搭載されている「ビット」

しかし、ただの移動砲台ではありません。

全長8.4mの中に、核エンジンを搭載し、モビルスーツを一撃で破壊してしまう威力を持つメガ粒子砲を備えています。
姿勢制御用の噴射ノズル(スラスターと言います。スラスターについてはこのページへ)と情報収集も出来るモノアイカメラまでも装備されています。

この超高性能移動砲台は、サイコミュ・システムを使ってエルメスのパイロット ララァ・スンの考えるまま、意のままに操作することができます。

これを12基も備えていたので、ターゲットを12の方向から一斉に攻撃することも出来ます。
これをオールレンジ攻撃といい、サイコミュ・システム兵器の特徴的戦術です。
12の方向から一斉に攻撃されたら、どんなエースパイロットもひとたまりもありません。

地球連邦軍にとって驚異的な存在となったエルメスは、「ソロモンの亡霊」と呼ばれる様になり、恐れられる存在となりました。

また、サイコミュ・システムを用いた兵器の威力を知った地球連邦軍もサイコミュ・システムの開発(ジャグラー等 ジャグラーについてはこのページへ)を独自で行うようになります。

 エルメスの末路

エルメスに搭載されたサイコミュ・システムは、ニュータイプの特性を兵器として転換させることに成功できました。

しかし、ジオン共和国創始者のジオン・ズム・ダイクンが唱えたニュータイプとは、「宇宙に人が住むようになり、宇宙での生活に適合しようとする人類の革新」です。
兵器に転用するためにニュータイプは存在しているのではないのです。

ニュータイプのあり方を唱えていたジオン公国がニュータイプを戦争の道具としてしまったのです。
これでは、本末転倒。ジオン公国の独立の意味さえも問われる行為なのです。

ザビ家の支配下となったジオン公国ニュータイプをねじれた形で解釈し、この様な兵器を作ってしまいました。

エルメスは確かに新しい技術の可能性を示してくれましたが、ジオン公国が目指している「国家独立」の矛先が間違っていることを露呈しているのです。
エルメスは私利私欲や支配力を維持しようとする本来の目的を見失ったジオン公国の状態を示す、象徴的な機体だったのかも知れません。

エルメスに搭乗したララァ・スンアムロの死別する運命のシーンは こちら で見ることが出来ます。

スポンサーリンク

一年戦争をマジで知るならORIGINよ。

「機動戦士ガンダム the ORIGIN」は、一年戦争導入への人間関係や組織相関をビジュアルで示した、ガンダムの根底を知る上で、とても優れた「マンガ」です。

分かりやすイ。
モちろん面白いヨ!


関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぴろすけ

ガンダムは好きですが、宇宙世紀でないシリーズは詳しくありません。 シャアとアムロが織りなす世界観が好きなのです! 「塾長」と称していますが、ただの一年戦争ヲタク。 熊本県在住 普通のサラリーマン。 階級は伍長あたりで、もちろんオールドタイプであります。。