記事の詳細

ガンダムには「モビルスーツ」と呼ばれる人型ロボットが数多く登場します。

この戦争にはなぜモビルスーツが必要だったのでしょうか?

カッコよさやビジュアルの話ではありません。

ちゃんとした理由があるのです。

スポンサーリンク

 一年戦争とモビルスーツ開発の序章

「戦争が起こるかもしれない。」

国家として独立を宣言したと言う事は、防衛をはじめ経済や治安など国家の色々な組織を構築する必要があります。

独立を宣言したジオン共和国は国防大臣にデギン・ソド・ザビを着任させますが、戦争を仕掛ける もしくは仕掛けられる以前の問題で悩ましい事が一つ・・・

ジオン共和国は所詮歴史が浅く、独立宣言はしたものの国家では無かったので(宣言しただけ)資金が乏しかったのです。
(地球連邦の1/30しか国力は無かったと言われています)

地球連邦は地球全体を連合国家として成り立っていましたので、その資金力の差は歴然!

国家として防衛、もしくは戦争を仕掛けて勝利を収めるには軍備充実は不可欠です。

しかし、資金が無いのに地球連邦軍と同じ兵器と規模を揃えて行く事も不可能です。

ならば、その置かれている環境や資金で地球連邦軍に勝つ方法を見つけなければいけません。

ジオン・ズム・ダイクンの没後、ジオン共和国はザビ家による実効支配でジオン公国となりましたが、来るべき戦争を見据え、今までの常識を覆す新たな兵器を開発すべく、ミノフスキー博士と協力して、その技術「ミノフスキー粒子」に大きな期待を寄せます。

・・・つづく

スポンサーリンク
次の記事

ガンダム入門塾 > 2.時代背景(続基礎編) > 戦争になぜロボット(モビルスーツ)が必要なのか? ← 現在の記事

コンテンツ

ガンダム入門塾 来塾者数

  • 488今日の来塾者数:
  • 894昨日の来塾者数:
  • 6オンライン塾生:

同カテゴリー内の人気記事

ページ上部へ戻る
Scroll Up