記事の詳細

モビルスーツは今までのどのカテゴリにも当てはまらない新兵器として一年戦争開戦前に開発されたのは皆さんご存知の事と思います。

ジオン公国はその万能性を用いて一年戦争緒戦を圧倒的に優位に進めましたが、その反面 モビルスーツはその万能性が故、維持管理・メンテナンスにおいても今までに無い技術が求められる事になります。

その項目は色々なカテゴリに及び、またその中でも更に細分化され、それぞれに高い専門性が必要とされました。

戦いの主戦力「モビルスーツ」を陰で支えるメンテナンスとは?
また、それの連邦とジオンとの違いや差とは、どの様な物なのでしょうか?

スポンサーリンク

モビルスーツのメンテナンス項目

例えば現代の車のメンテナンス項目を挙げると、

  • 動力系
  • 駆動系
  • 電気系

に大別されると思います。

これは、車の用途が「走る」事に特化されているからです。

  • 走る・曲がる・止まる

この基本性能を維持させる為に必要な項目です。

しかし、モビルスーツに求められる用途は実に多岐に渡ります。

  • 格闘・戦闘・白兵戦、拠点防衛・砲台、建設重機、etc…

この用途に答える為、モビルスーツは万能性を意識して擬人化されている訳ですが、およそ40tもあり高さも20m程ある人型機動兵器・モビルスーツを構成する大まかな項目として、

  • 骨格
  • 関節
  • 核融合炉
  • 廃熱・冷却機構
  • スラスター(バーニア)
  • 姿勢制御・補助用オペレーションシステム
  • レーダー等の観測機器
  • 武器・サブフライトシステム等との連携機構
  • 脚部アブソーバ

まだまだ沢山ありますが、色々なカテゴリに加え放射能に関係する物まであり、とても小規模な施設や知識、スキルではメンテナンスできる代物では無いと言うことは容易に想像つきます。

素人集団ホワイトベース隊はメンテナンスできるのか?

みなさんご存知、ホワイトベース隊。
彼らが前線でモビルスーツを運用する状況をちょっと考えてみましょう。

先ず、ホワイトベース隊は処女航海でサイド7に入港した時、シャアの襲撃に遭い不意を突かれてしまった影響で正規のクルーは殆ど戦死してしまいました。

もちろん整備兵も例外ではなく、その穴は生き残ったオムル・ハングや、ジョブ・ジョンを中心とした若いワーカー達で補う事になります。

amazon
オムル・ハング
実質ホワイトベース隊の整備を司っていました。
amazon
ジョブ・ジョン
雑務からモビルスーツパイロットまでこなす正規クルーです。

この状態のホワイトベースで、最前線で躍進するガンダム等のRXシリーズの運用を助け、上記した項目によく対処できたな。
…と思いませんか?

しかもジョブ・ジョンは元々、予備パイロットとして配属されていたので、正規のメカニックでもありません。
しかし、最新鋭機を搭載したホワイトベースは終戦まで戦い抜きました。

奇跡か!?
そりゃ、伝説の部隊といわれる意味も分かります。

しかしこれは、連邦のモビルスーツがメンテナンスの簡易性も念頭に置き開発されている事に優れた点が隠されており、それの恩恵を受けた事に依ります。

ジオンと連邦のモビルスーツ設計思想の差とは?

ジオン公国が採用した駆動システムである「流体パルスシステム」は、コロニー建設用の重機等をモデルとして開発されたもので、壊れた部分を修理・取り替えをして再稼動できるようにメンテナンス性を重視して設計されています。
(関連記事:流体パルスシステム

一見、後々のメンテナンスを考えて設計されている様に見えます。

しかし、それは人と部品と道具と時間とが揃っていればの話であり、戦時中の苦しい状況下で膨大な部品点数からなるモビルスーツを、部隊が孤立する前線で修理・管理・補修することは逆に極めて困難な事になってしまいました。

一方、連邦が採用した「フィールドモーターシステム」は、各部がユニット化されていて、壊れた部分があればユニットごと丸ごと取り替える仕組みになっています。
(関連記事:フィールドモーターシステム

例えば、肩関節部分のフィールドモーターが些細な故障で動かなくなったとしても、その些細な故障箇所を探して修理するのではなく肩関節部分のフィールドモーターユニット丸ごと交換するのです。

一見、些細な故障で高価なフィールドモーター一式を丸ごと交換するのは不経済に見えるかもしれませんが、ミノフスキー技術が集約された部位の些細な故障を、戦時中に、しかも過酷な環境の前線で細かくチェックする事自体が非現実的であり、そこに多くの人手と材料の調達によるタイムロスと機体の拘束を考えれば、丸ごと取り替えた方が早く済みます。

これは駆動システムをはじめとするその他、全ての構成部材がその概念で設計されていて、つまりはモビルスーツの稼働率に主眼が置かれているのです。

経済的視点ではもったいない事かもしれませんが、戦時中に機体が出撃できないのなら元も子もない話であり、時間をお金に換算すれば、かなりの効果を得る事が出来ます。

また、それらユニットは工場で製造されるので、精度の高さと品質が安定する事、加えて生産効率もとても高くなります。

これらを総じて一言で言うなら、

  • 連邦のモビルスーツは現場での負担を軽減する。
  • ジオンのモビルスーツは、メンテナンスが容易である分、逆に現場に負担が掛かってしまう。

と言う意味になります。

この事から、先に述べたホワイトベース隊は素人同然でもモビルスーツを整備でき、もちろんハードワークが必要な場合は途中で立ち寄ったルナ2や、地球降下後 マチルダさんの補給時に必要な機材・道具の調達と人材の派遣、ベルファスト基地やジャブロー基地での高いレベルでのオーバーホールやメンテナンスを行う事により、ガンダム運用からおよそ3ヶ月で戦争が集結する間に様々な戦果を残すことが出来たのです。

ジオンの「統合整備計画」とは?

スポンサーリンク

ジオン公国は南極条約を契機としてモビルスーツの生産性を再考して「統合整備計画」を発動させました。
(関連記事:タイミング遅れの統合整備計画と、兵器開発にこだわるジオン軍について

これは、先に述べた連邦のモビルスーツ設計の概念にも似ていますが、モビルスーツのパーツを可能な限りユニット化する事と、部品を統一化して部品点数を減らす目的も含まれています。

しかしながら、既存のザクシリーズ等は量産され主力機となっていた為、それらの設計思想と統合整備計画とは根本的に思想・概念が異なるので現場での負担軽減を連邦と同じレベルに高める事は不可能です。

従って、ジオンは先に記した項目

  • 骨格
  • 関節
  • 核融合炉
  • 廃熱・冷却機構
  • スラスター(バーニア)
  • 姿勢制御・補助用オペレーションシステム
  • レーダー等の観測機器
  • 武器・サブフライトシステム等との連携機構
  • 脚部アブソーバ

これらに部隊単位で対応する必要に迫られた事になります。

ハード面・ソフト面 両面をサポートする訳ですから、ある程度の役割分担された「整備班」が編成されていなければ、放置する項目も多かった事でしょう。

そうなってしまえば、元々の性能を発揮できないまま戦線に投入されたり、もしくは整備が困難で痛んだザクを「部品取り」としてバラして、それを比較的健全なザクにユニットパーツとして当て込む。

いわゆる「2個1(にこいち)」です。
Zガンダムで登場するガンダムMkⅡは、奪取した2機の一方をバラして部品取りとして使われたとの設定になっています。
それと同じ考え方です。

楽天市場
RX-178 ガンダムMkⅡ
ティターンズから2機を奪取後、白に塗り替えられました。

整備には手が回らなかったでしょうから、裏ではそんな事が行われていたかもしれませんね。

まとめ・考察

モビルスーツの整備・メンテナンスについての両軍の差をまとめてみました。

これを現代の車のテールランプを例に置き換えてみると、「ランプが点灯しない」と言う症状が出た場合、

  • ジオンは、球、電子基盤、配線… 考えられるこれらの要素を一つ一つチェックして故障箇所を特定してから修理を行う。
  • 連邦は、単純にテールランプユニットを取り外して丸ごと交換する。

この違いと手軽さでモビルスーツ運用に大きな差が出てしまったのです。

もし、ジオンがフィールドモーターシステムを採用し、連邦が流体パルスシステムを採用していれば、ホワイトベース隊の存在はおろか、地球連邦は速攻で敗戦していたかもしれません。

戦うに当たり、メンテナンスは非常に大きな要素であるのです。

地球連邦のメンテナンスは簡単に言うと

  • 消耗部品の交換
  • 噴射剤(プロペラント)の補充・補填
  • ビーム兵器のエネルギーPACのチャージ
  • スラスター推力の調整
  • 姿勢制御などのプログラムソフト面のサポート

この程度で、これ以上の整備は危険だし内容が分からないので、

  • 「えーい。分からんからまとめて取り替えてしまえ!」

と言う事です。

何て投げやりな。。と思う所ですが、交換されたユニットは後方の拠点や工場へ送られ、リペア可能なら調整して再利用されます。
しかも、連邦のモビルスーツはジムをベースとした機体ばかりですので、リペアしたユニットを他の機体やバリエーション機へ流用できるのも大きなメリットとなります。

これを考えれば、不経済どころかとても経済的で前線から後方まで満遍なく役割を分担させつつも無駄なくユニットを使い回す事が出来ます。

メンテナンス
各ユニットのリサイクル&リユース

と言うような話でないと、ホワイトベース隊の活躍と成り立ちは説明できません。

もし、それが否定されたとして、あと考えられるのは、

  • RXシリーズが非常に頑丈であった。

という事でしょうか。

モビルスーツは想定を逸する活動を行うので想定外の荷重を考慮し、あらゆるパーツに強度上の高い安全率が掛けられていた。
と言う設定にするかです。

しかし、安全率が高くなれば重量と体積も増します。

まあ、何とかその設定で納めたとしても、なんだかんだで形あるものは必ず朽ち果てます。

リアルロボット系の金字塔と言われる「ガンダム」

できれば、前者であることを祈り、この記事を締めくくりたいと思います。

すいません。
以上、余談でしたー。

スポンサーリンク
次の記事

ガンダム入門塾 > 7.雑学・小ネタ集 > モビルスーツの整備に見る、地球連邦とジオン公国の決定的な差とは? ← 現在の記事

コンテンツ

ガンダム入門塾 来塾者数

  • 488今日の来塾者数:
  • 894昨日の来塾者数:
  • 4オンライン塾生:
ページ上部へ戻る
Scroll Up