記事の詳細

一年戦争は宇宙世紀が始まって以来、史上最大の戦乱となりました。

それまで、テロや細かな戦闘が頻発してはいましたが、それらは難民が発生するレベルではなく、一年戦争はその戦闘により一般人の生活基盤を奪い、多くの難民を作り出す事になります。

難民の中には、その戦闘によって幼くして親や親族を亡くしてしまった子供達も居ますし、宇宙空間で繰り広げられた戦争は、難民の受け入れに対し直ちに命に直結する難しい問題となり得ます。

一年戦争により発生した難民や孤児達は、時代の流れの中で どの様な運命をたどったのでしょうか?

スポンサーリンク

宇宙移民者の難民

宇宙移民者は基本、スペースコロニーに居住しています。

ジオン公国は開戦直後、ブリティッシュ作戦に於いて このスペースコロニーにも攻撃を仕掛け、壊滅したり兵器に転用したりと無差別に攻撃を行いました。

しかし、その中には完全な破壊までは至らず、少数ですが運用可能なスペースコロニーや、直ちに使用不可能になる程のダメージを受けていないスペースコロニーも点在していました。

宇宙という環境の中、限られた移動手段と施設・設備が機能不全をおこしている状況で難民が自ら行動をとる事、また、それを受け入れる側に於いても困難な事であったと言うのは容易に想像がつきます。

難民を受け入れる事が出来た一部のスペースコロニーや、健全が明らかであった月面都市には難民が押し寄せ、オーバーフロー状態から一部地域でのスラム化が進んだり、治安が悪化・内紛が発生したりと一年戦争の弊害は人類の半数の滅亡以外に、生存した人々にとっても居場所や自由・秩序も無い生き地獄とも言える状況を作ってしまったのです。

地球上での難民

ブリティッシュ作戦は地球連邦軍本拠地ジャブローへの直撃が失敗した余波で、地球へ落下途中のスペースコロニーが四散分解し、結果的には広範囲に股がる無差別な攻撃となってしまいました。

この事で生活基盤を絶たれた人々が大量の難民となってしまいます。

また、これに続きジオン公国は地球降下作戦を実施。

これにより地球連邦の難民救済活動は中止せざるを得ない状況となり、加えて健全であった都市や工業地帯などが、地球降下作戦によって襲撃・破壊・奪取され、更に難民を増加させる事になりました。

地球連邦の勢力下であった場所においての難民に対しては、仮設レベルでの救済が広く優先的に行われたのですが、勢力圏外や戦闘継続地域での難民には攻撃を受けている側の地球連邦も思うように手が届かず、自営的、又はボランティアレベルでの難民キャンプが設営されるに留まっていたようです。

宇宙移民者の中にも地球へ拠り所を求め、何とか地球に降下できた人々も居ましたが、ただ空気があると言う事意外 上記した様な厳しい環境が待ち受けていたのです。

この地球連邦勢力圏外の難民キャンプでは、ジオン公国側から救済を行ったとの話もありますが、実態は起こり得るジオンへのゲリラ化やレジスタンス設立に対しての監視作業であったと言われています。

劇中でも、アムロが実母の居るキャンプに立ち寄った際、ジオン兵が巡回している描写があります。

戦災孤児たち

スポンサーリンク

ホワイトベースに搭乗しているフラウ・ボゥやカツ・レツ・キッカ達は戦災孤児です。

身の拠り所が無く、仕方なく軍艦に身を寄せ、成り行きがままホワイトベースの運用クルーとして結果、働いている形です。

ホワイトベースがベルファストに立ち寄った際、カイ・シデンミハルをはじめとする戦災孤児達と接触しています。

元ジオン兵であったククルス・ドアンは、ジオンの地球侵攻の在り方に対し良心の呵責に耐えかねて脱走し、戦災孤児達を連れて無人島で自給自足の生活を行い養っていました。

また、組織に紛れゲリラに加担して生きて行く選択をする子供も居たようです。

戦争の最中、両親を亡くし懸命に生きていこうとするドラマがガンダムには映し出されています。

しかし、上記した子供達が沢山いた傍ら、身寄りの無い戦災孤児たちは、一部ジオン軍に引き取られサイコミュ研究やニュータイプと強化人間の研究に関する「検体」とされ、精神崩壊や植物人間化、廃人になってしまった例も少なくなく、使い捨てのような取り扱いであったようです。

 第08MS小隊 ラストリゾートに出てくる子供達はフラナガン博士の実験台であり、劇中にその描写もあります。

まとめ・考察

一年戦争時の難民と孤児について記述しました。

ジオンの国家独立という崇高な目的成就の為の戦争は、人間の愚かさを示す物でもあります。

ニュータイプは人類の革新であると唱えたジオン公国は、それを研究するために立場の弱い戦災孤児達を実験台としました。
・・何のための戦争か。

また、戦争のプランニングが強引だった事で戦争の長期化を招き、その中で地球上の難民らがゲリラ化し、徹底的に妨害を受ける形ともなりました。
(関連記事:地球降下作戦が失敗したもう一つの理由

一方の地球連邦軍は、戦争を仕掛けられた側ではありますが、仕掛けられた それなりの「原因」もあります。
つまり、一方的にジオンが悪いとは言い切れないという意味です。

一年戦争終結後は難民政策を本格的に行い地球上での施策は活発化しますが、スペースコロニーの再建や宇宙移民者への救済活動は物理的な距離と環境から、本腰を入れず手薄なものとなってしまい、その結果 反連邦勢力誕生の引き金を作ってしまいます。

一年戦争以降の戦乱は、ジオンの残党とこれら難民の反連邦勢力によって引き起こる事となるのです。

すべては人の不完全さから生まれる人と人との認識のギャップが起因している事とも思いますが、その不完全さ故に補い合う知性を持ち合わせているのも人間です。

それを合理化できる人類の進化としてニュータイプを唱えたジオン・ダイクンの読みは正解であったかもしれませんが、人は機械では無く、いつの時代でも不完全であり、そのニュータイプでさえも劇中では闘争を繰り返しています。

如何なる時代も人は所詮 人であり、不完全な者。
「歴史は繰り返される」という言葉がありますが、ガンダムにもそのメッセージが込められているのだと思います。

すいません。
以上 余談でしたー。

スポンサーリンク
次の記事

ガンダム入門塾 > 7.雑学・小ネタ集 > 一年戦争と戦争難民と戦災孤児 ← 現在の記事

コンテンツ

ページ上部へ戻る
Scroll Up