記事の詳細

ジャブロー攻略戦の後、宇宙へ向かったホワイトベース隊にはガンダムより前に作られた旧型機「ガンキャノン」が追加配備されました。

しかし この時、ガンダムの戦闘データを基にジムの量産は始まっていて、ガンキャノンのように砲撃戦に対応したバリエーション機も既に存在しています。

過酷な前線に単機で乗り込む事になっていたニュータイプ部隊・ホワイトベースには、新型主力量産モビルスーツであるジムシリーズは配備されず、なぜ旧型試作機のガンキャノンが配備されたのでしょうか?

スポンサーリンク

 V作戦とジムの量産

単機でルナ2から地球に降下してジオン公国軍の占領地域を航行しつつ、ガルマ・ザビ大佐を退けて戦死に追い込み、そのままオデッサ作戦にも参戦して水素爆弾を被害なく迎撃する等、大きな成果を示し続けたホワイトベース隊。

戦いの主戦場がジオンの優勢地域である宇宙に移ろうとしているこのタイミングで、活躍が見込めるこの部隊に旧式の試作モビルスーツ「ガンキャノン」が追加配備されます。

V作戦の象徴とも言うべきホワイトベース隊は、そのV作戦でのモビルスーツ運用方法「接近戦」「中距離からの支援」「長距離からの援護」から成る構成を開戦当初から実践しています。

この構成は「ガンダム」「ガンキャノン」「ガンタンク」に置き換える事が出来ます。

楽天市場
左から、ガンキャノン・ガンダム・ガンタンク
地球連邦はこの構成をモビルスーツによる戦術の基本形と考えていました。

しかしガンタンクは陸戦での用途が主な機体ですので、宇宙に向かう前にジャブローで降ろされ、そのガンタンクの役割「長距離からの援護」は、ジャブロー出発前に改修されていたホワイトベースが受け持つことになります。
(関連記事:劇場版で外されたガンタンクとGアーマー。その理由とは?

その状況で中距離支援ができるモビルスーツが追加された訳ですが、新型の主力量産モビルスーツであるジムにも中距離支援ができるバリエーション機「ジムキャノン」が既に量産されています。

ジムシリーズの戦闘データはガンダムから得て量産化されていて、ジムキャノンに至ってはそれに加えガンキャノンの砲撃データも応用されています。

先に記したような活躍もしたのに、それでいてもホワイトベース隊には旧式の試作機ガンキャノンが追加される事になったのです。

んー。なぜでしょうか?

 ジムシリーズが配備されなかった理由

その理由は年功序列にあります。

新型の中距離支援型モビルスーツ「ジムキャノン」は、お偉いさんであるティアンムとレビルが指揮する艦隊に優先的に配備されていました。

先に述べたように、ガンダムとガンキャノンのデータを応用して量産されているので、戦力として期待されたのか上から順に地上の拠点等にも配備されて、若干20歳程度のブライト・ノアが艦長を務めるホワイトベースにはまわってこなかったようです。

楽天市場
ジムキャノン
なんか弱そうです。
48機生産されました。
劇中では全く見ませんが、ソーラレイで殆どやられてしまったようです。

ならば、ジムスナイパーでは?

となりますが、この機体はどちらかと言うと長距離援護機ですので、それはホワイトベースが受け持ちます。

しかも狙撃ユニットを携行しなくてはならないので、機動性を損ないます。

楽天市場
ジムスナイパー
大きな狙撃用ライフルが特徴です。
機体はRGM-79ジムと性能は同等で、そのジムに狙撃ユニットを持たせただけとも言えます。

それでは、せめて普通のRGM-79ジムは?

この機体は万能機ではありますが、ガンダムと同じく、どちらかと言うと接近戦用です。

バズーカーも装備できますが、中距離支援では能力が落ちます。

楽天市場
接近戦用の機体の配備は、パートナーとなるアムロの能力についていけるパイロットがいなかったので、見送られたのかも知れませんね。

うむぅ。。
ならば、ジムスナイパーⅡは?

この機体はカタログスペック上ではガンダムを上回り、ゲルググにも対抗できる量産機として設計されたもので、一年戦争終戦までに生産された機体は極少で勿論ホワイトベースにまわってくる事はありません。

楽天市場
ジムスナイパーⅡ
ポケットの中の戦争で登場します。
狙撃任務に特化させるのではなく、万能性を向上させる目的で生産された高コストな機体です。

 なぜ比較的 古いガンキャノンが補充されたのか?

  1. RX-77-1A ガンキャノンA
  2. RX-77-2 ガンキャノン
  3. RX-77-3 ガンキャノン重装型
  4. RX-77-4 ガンキャノンⅡ
  5. RX-77D 量産型ガンキャノン

ガンキャノンは上記の様なバリエーションがあります。
基本的には試作機としての役割です。(諸説あります)

ジムシリーズの配備が無い事が分かった時点で、上記機種が候補としてあがったと推測できます。

ガンキャノンAは砲撃データ収集の一環で、盾を装備する想定が無いガンキャノンの装甲の強度をテストする目的で作られた機体だったので、前線への部隊への配備は見送られた様です。

ガンキャノン重装型は一年戦争末期のジオン宇宙拠点を攻撃する想定で開発段階であった為、この時は運用状態にありませんでした。

楽天市場
ガンキャノン重装型
赤から一転、青い機体です。
Zガンダムにも登場します。

ガンキャノンⅡもジャブロー攻略戦で大破してしまい、ホワイトベースの出港までに間に合う状態ではありませんでした。

楽天市場
ガンキャノンⅡ
ビームキャノンに変更された事と、重力下でもジャンプ出来るようスラスターが強化されています。

量産型ガンキャノンもジムのパーツを多く流用した物でしたので、ジムキャノンの量産が主流となっていたこの時、機体はほぼ存在しませんでした。

楽天市場
量産型ガンキャノン
量産を意識し、コアブロックシステムは廃されています。
ちょっとレイバーに似てるような。

そこで最終候補機となったが、ホワイトベース隊で既に運用されているのと同型で、ジャブローに1機置いてあった「RX-77-2ガンキャノン」です。

この機体は、製造当初6機製造されていました。

ホワイトベースが処女航海でサイド7に向かった時、その内の3機が搭載され(サイド7で2機は撃破された)、残りの3機はジャブローやその他の拠点に配備してありました。

それをホワイトベース隊に編入配備したのです。

ホワイトベース隊は「ニュータイプ部隊」と期待されていた割には、旧態依然感が強い年功序列でモビルスーツの配備が決められたり、残余感のあるガンキャノンが配備されたりと、なんか割に合わない役回りだなぁと感じます。

若いクルーばかりだったので、ナメられているのかなぁ?

 まとめ・考察

スポンサーリンク

ガンキャノンは旧式の試作機として取り扱われていますが、ホワイトベース隊としてはガンキャノンの配備について、それ程旧式を押しつけられたという感覚は無かったようです。

ガンキャノンは確かに試作機であり、色々な癖やウィークポイントを抱えながら運用されていたのも事実です。

ただ、ホワイトベース隊としてはそれらを幾多の戦闘の中で熟知していて、メンテナンスのコツや方法に対するスキルも高いレベルに達していました。

それでいて、カイ・シデンに駆られたガンキャノンは、高い戦闘スコアも結果として出していた訳で、ガンキャノンはホワイトベース隊にとって信頼の置けるモビルスーツであったのです。

また、ガンキャノンは旧型機ではありますが、スペックも大きく引けを取る物でもありませんでした。

楽天市場
ガンキャノン
砲撃戦では高い性能を発揮し、中距離支援機としてホワイトベースには無くてはならない存在です。

これらの理由で、むしろガンキャノンの配備は逆に歓迎されたとの話もあります。

これらの見解には色々な諸説があります。

例えばガンダムORIGINでは装甲が増加されたジムが配備されて、セイラさんが搭乗しています。

カイ・シデンも「キャノンは人を選ぶ繊細なメカだ」等と発言し、新型のジムが配備された事に対する皮肉を含めた発言をする描写もあります。

個人的には深紅のガンキャノン2機の方が、ビジュアル的にホワイトベース隊が締まって見えて好きですね。

すんません。
以上 余談でした~。

スポンサーリンク
次の記事

ガンダム入門塾 > 7.雑学・小ネタ集 > ホワイトベースには、なぜ「ジム」ではなく「ガンキャノン」が補充されたのか? ← 現在の記事

コンテンツ

ページ上部へ戻る
Scroll Up